鼻中隔弯曲症

鼻閉や鼻出血を起こす鼻中隔弯曲症

鼻閉や鼻出血を起こす鼻中隔弯曲症2つの鼻の穴を隔てる壁のことを「鼻中隔」といいます。鼻中隔が左右どちらかに曲がっていることは珍しくなく、むしろ大人であればほとんどの方が多少湾曲しています。そのことで特に症状がないようでしたら、治療も必要ありません。
しかし、中には鼻中隔の湾曲が大きく、鼻閉(鼻づまり)を起こしているケースが見られます。このような症状が認められ、日常生活に多少なりとも影響がある場合に、鼻中隔弯曲症と診断されます。
薬物療法や鼻粘膜焼灼術でも鼻づまりが治らず、鼻中隔の湾曲が見られる場合には、鼻中隔弯曲症の手術を検討することをおすすめします。

鼻中隔弯曲症の原因

鼻中隔は、骨と軟骨で構成されており、身体と同じように成長していきます。この成長の過程で軟骨や骨の成長のバランスが崩れることで、鼻中隔が湾曲します。そのため、思春期前のお子さんには鼻中隔の湾曲はほとんど見られません。
その他、鼻への打撲、外傷によって、鼻中隔が湾曲することもあります。

鼻中隔弯曲症の症状

鼻中隔弯曲症の症状

  • 鼻づまり
  • 口呼吸
  • いびき、睡眠の質の低下
  • 日中の頭痛
  • 嗅覚障害
  • 鼻血

主となる症状は鼻づまりです。鼻づまりによって、上記のようなさまざまな症状を併発します。慢性的な鼻づまりになることで、粘膜も炎症を起こしやすくなり、副鼻腔炎に進展することもあります。

鼻中隔弯曲症の検査

問診の上、鼻中隔の観察、内視鏡検査、必要に応じて画像検査などを行い、診断します。
副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を併発している可能性がある場合には、その検査も行います。

鼻中隔弯曲症の治療

内服薬や点鼻薬での対症療法も可能ですが、根本的な治療のためには手術が必要になります。

鼻中隔弯曲症の手術【日帰り】

鼻中隔弯曲症の手術【日帰り】鼻中隔弯曲症の根本的な治療のためには、鼻中隔矯正術と鼻甲介切除術を組み合わせた、鼻閉改善手術を行います。
鼻閉改善手術は、日帰りで受けていただけます。

鼻閉改善手術:鼻中隔矯正術+鼻甲介切除術(粘膜下下甲介骨切除術)

鼻中隔の軟骨と骨を最小限に切除し、鼻中隔が真っすぐになるように形を整えます(鼻中隔矯正術)。
また多くの場合、鼻中隔の外側に位置する下甲介を切除し、鼻の通りを良くする手術を同時に行います(鼻甲介切除術)。

手術名 手術時間
(執刀のみ、
準備時間除く)
手術可能年齢 術前検査 術後休学・休職期間
(術日1日目)
生活制限期間
(運動・飲酒)
(術日1日目)
術後診察間隔
(術日起算、順調な場合)
鼻閉改善手術
鼻中隔矯正術+鼻甲介切除術
(粘膜下下甲介骨切除術)
30分〜1時間半 16歳〜 採血、心電図、
持病コントロール、鼻腔通気度
3日間推奨 1週間推奨 翌日、1週間後、3週間後、
2ヶ月後、3ヶ月後、
以降症例毎

※横スクロールで全体を表示

当院で行う手術の特徴

外鼻形態を保持しつつ、鼻づまりを改善します

鼻中隔弯曲症の手術を行うとき、多くの患者さんが気にされるのが、鼻の形が変わってしまわないか、という点です。
通常この手術は、軟骨の最前端部が見えない状態で行われます(killian切開)。当院では、軟骨を最前端部から直接見る術式(hemitransfixion切開)で対応し、切除範囲を最小限に留めます。
このことにより、外鼻の形態を長期にわたって保持することができます。

鼻中隔弯曲症の手術費用

手術名 3割 1割
鼻中隔矯正術 24,690円 8,230円
鼻甲介切除術(その他のもの) 片側 9,960円 3,320円
両側 19,920円 6,640円
粘膜下下甲介骨切除術 片側 12,780円 4,260円
両側 25,560円 8,520円
  • 手術費用のみの負担額です。上記に手術費用に、再診料・薬剤費などが加算されます。
  • キャッシュレス決済可能
    クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・DIN)でのお支払いが可能です。

キャッシュレス決済可能

一番上に戻る
クリニックにお電話 072-803-8103 24時間WEB予約24時間WEB予約 手術相談フォーム手術相談フォーム