唾石症

唾石症とは?

唾石症とは、唾液腺または導管に唾石が生じている病態を指します。 唾石は、ほとんどのケースで顎の下の唾液腺(顎下腺)に生じ、強い痛みを伴います。小さな唾石であれば自然に排出されることもありますが、大きさや病状によっては、手術による摘出が必要になります。

唾石症の原因

唾石が生じてしまう原因は、今のところはっきりとは分かっていません。 小さな異物がカルシウムでコーティングされ、発生しているものと思われます。

唾石症の症状

  • 耳の下や顎の下の唾液腺の腫れ、痛み
  • 食事をしたときの唾液腺の痛み

主となる症状は、唾液腺の腫れ、痛みです。一度症状が出現しても、しばらくすると消失し、さらにこれが繰り返される点が特徴です。

梅干しを食べることで唾液の分泌を促す

普段から唾液の分泌の促進を意識していることで、唾石症の予防が可能です。 唾液の分泌を促す食品として、梅干しを1日1粒ずつ食べると良いと言われています。

唾石症の検査

問診の上、唾液腺の触診を行い、腫れと唾石の有無を確認します。必要に応じて、超音波検査やCT検査を行います。 腫れがあるのに唾石がないという場合には、他の唾液腺疾患の有無を調べるため、血液検査を行います。

唾石症の手術

自然排出が困難である場合には、手術が必要になります。 唾石の位置によって、唾石を摘出する手術と、唾液腺(顎下腺)を摘出する手術とがあります。 手術が必要と判断した場合には、速やかに提携する病院をご紹介いたします。

手術名 手術時間
(執刀のみ、
準備時間除く)
手術可能年齢 術前検査 術後休学・休職期間
(術日1日目)
生活制限期間
(運動・飲酒)
(術日1日目)
術後診察間隔
(術日起算、順調な場合)
唾石摘出術 10~30分程度 12歳〜 採血 当日推奨 当日推奨 翌日、1週間後、3週間後、
以降症例毎

※横スクロールで全体を表示

唾石症の手術費用

手術名 3割 1割
唾石摘出術 1,920円~11,310円 640円~3,770円
  • 手術費用のみの負担額です。上記に手術費用に、再診料・薬剤費などが加算されます。
  • キャッシュレス決済可能
    クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・DIN)でのお支払いが可能です。

キャッシュレス決済可能

唾石症を予防するには?

梅干しを1日に1粒ずつ食べる方法以外にも、唾石症の予防法はあります。大切なのは、普段から唾液の分泌を盛んにしておくことです。
唾液の分泌促進は、虫歯や歯周病、口臭の予防にもなりますので、ぜひお試しください。

  • 食事のときによく噛んで食べる
  • 食後にシュガーレスガムを噛む
  • 唾液腺マッサージをする
  • うがいをする
一番上に戻る
クリニックにお電話 072-803-8103 24時間WEB予約24時間WEB予約 手術相談フォーム手術相談フォーム