耳が痛い

耳(耳の中・耳の奥)が痛い

耳(耳の中・耳の奥)が痛い耳は、私たちの身体の中でも比較的敏感な器官です。ちょっとした刺激でも、痛みを感じます。
ただ「よくあることだから」と放置してしまうと、症状の悪化や病気の進行を招いてしまうこともあります。
耳の中が痛い気がする、耳の奥がズキズキしている気がするというときには、お早目にご相談ください。

耳が痛い場合に考えられる疾患

耳が痛い場合には、急性中耳炎や外耳道炎がまず疑われます。
割合としては、急性中耳炎はお子さんに、外耳道炎は大人の方に見られることが多くなります。

急性中耳炎

急性中耳炎細菌やウイルスが中耳で感染・炎症を起こしている状態です。
風邪などをきっかけとして、鼻・のどから細菌・ウイルスが耳管を介して中耳炎に到達して発症するケースが多く見られます。
特にお子さんは耳管が太く、短く、傾斜が緩やかであるため、大人と比べても急性中耳炎を発症しやすくなります。
耳の痛みの他、発熱、耳垂れ、難聴などの症状が見られます。
まだ言葉を話せない小さなお子さんの場合は、理由なく不機嫌が続く・泣き続ける、耳を気にする・触るといった様子や仕草の変化にも気をつける必要があります。

外耳道炎

耳かきや補聴器、耳栓の使用などによって、外耳道炎に炎症を起こしている状態です。耳の痛みの他、外耳道の赤み、耳垂れなどの症状を伴います。
また、外耳道炎のうちの1つである、外耳道真菌症の可能性も考慮します。耳の痛みの他、外耳道のかゆみ、耳閉感、不快なにおいなどの症状を伴います。

外耳道真菌症

真菌(カビ)が外耳道で感染・炎症を起こしている状態で、分類としては外耳道炎に含まれます。
耳の痛み、かゆみ、耳閉感、耳の不快なにおいなどの症状を伴います。

耳が痛い場合の検査

耳が痛い場合の検査問診の上、外耳や鼓膜を内視鏡などでよく観察します。
加えて、聴力検査、細菌培養検査、血液検査なども必要に応じて行います。

耳が痛い場合の治し方(治療法)

痛みの原因になっている、急性中耳炎や外耳道炎の治療を行います。

急性中耳炎の場合

鎮痛剤による対症療法に加え、必要に応じて抗生物質を使用します。鼓膜が腫れている、痛みがひどい、高熱がある場合には、鼓膜切開を行います。鼓膜切開を行うと、耳の痛みや発熱などの症状は速やかに改善します。

外耳道炎

清潔にし、抗菌剤の点耳薬、ステロイドの点耳薬または軟膏などを使用します。治療期間中、気になるでしょうがご自身で触らないように注意してください。
炎症が広範囲である場合には抗菌剤・抗アレルギー薬の内服を、痛みがひどい場合には鎮痛薬の内服も行います。

耳が痛いQ&A

耳の奥がズキズキと痛みます。ロキソニンを飲んでも痛むのですが中耳炎でしょうか?

耳掃除の習慣がある場合は外耳炎かもしれません。風邪と共に、または鼻を強くかんだ後に痛みが出た場合は急性中耳炎かもしれません。慢性中耳炎(鼓膜に穴が開いている)の方は感染が起きた可能性、昔に耳手術をされた方も感染による痛みかもしれません(乳突洞障害)。耳疾患以外の原因で耳が痛くなる場合もあります。耳下腺炎、顎関節症、咽頭炎、扁桃炎、巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)、筋緊張性頭痛、帯状疱疹(顔面神経麻痺)、舌咽神経痛、等の可能性もあります。

子供が耳の痛みで寝つきが悪いです。熱はないのですが、日中は気になるのか耳を触ったり機嫌も悪いです。中耳炎でしょうか?

まず急性中耳炎を疑います。発熱など悪化するようでしたら受診を勧めます。

耳の中が腫れているようで痛いのですが、耳かきのし過ぎでしょうか?

耳かきの後であれば可能性が高いですが、その他耳疾患の可能性もありますので、翌日になっても改善しない場合は受診を勧めます。耳掃除習慣を止めましょう。
こちらをご参照下さい。

一番上に戻る
クリニックにお電話 072-803-8103 24時間WEB予約24時間WEB予約 手術相談フォーム手術相談フォーム