副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻づまりと頭が重いと感じる副鼻腔炎

鼻づまりと頭が重いと感じる副鼻腔炎鼻の奥にある副鼻腔には、換気と排出のための通り道が開いています。これにより、副鼻腔の環境・機能が正しく維持されます。
しかし、炎症に伴う粘膜の腫れ、ポリープ(鼻茸)などによってこの通り道が塞がり、膿が溜まってしまうことがあります。これが、副鼻腔炎です。風邪をひいたあとなどに発症し短期間で治るものを「急性副鼻腔炎」、症状が慢性化し3か月以上持続するものを「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」といいます。
不快な鼻づまり、頭が重いといった、日常生活に支障をきたす症状を伴います。

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因

副鼻腔炎の原因には、風邪などをきっかけとしたウイルス感染、花粉症などのアレルギー、カビ、虫歯・歯周病などが挙げられます。鼻中隔湾曲症などの構造的な問題によって発症することもあります。

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状

  • 鼻づまり
  • 粘り気のある黄色っぽい鼻水
  • 黄色っぽい痰
  • 頭が重い
  • 目のあいだ、頬の奥の痛み、違和感
  • 歯痛
  • 不快なにおい

鼻づまりや頭の重さといった症状により、仕事や家事に支障をきたしているケースが目立ちます。また、鼻呼吸ができずに口呼吸となることで、睡眠の質の低下や、口腔衛生環境の低下なども懸念されます。
特にお子さんの場合は口呼吸の影響が大きく、急性中耳炎や滲出性中耳炎の発症リスクを高めることにもなりますので、症状に気づいたときにはお早目にご相談ください。

副鼻腔炎(蓄膿症)の検査

副鼻腔炎(蓄膿症)の検査問診の上、レントゲン検査、CT検査、内視鏡検査、血液検査などを組み合わせ、診断します。

副鼻腔炎(蓄膿症)の治療

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎では、治療法が異なります。ご負担の少ない治療で完治させるためにも、急性副鼻腔炎が慢性化しないうちの治療が大切です。

急性副鼻腔炎の場合

抗菌薬や炎症を抑える点鼻薬などによる薬物療法が中心となります。ネブライザー療法や鼻腔洗浄も有効です。

慢性副鼻腔炎の場合

過去に治療歴がない場合は、少量のマクロライド系抗生物質を数か月間内服することで軽快するケースも多いため、有効な治療としておすすめしております。これは、殺菌が目的というよりも、粘膜の繊毛の機能を高め、自浄作用の向上を期待する治療です。あわせて、鼻洗浄や正しい鼻かみも行っていきます。
こういった保存的治療が有効ではない場合、1~2年で反復する場合、鼻ポリープ(鼻茸)がある場合、高度な鼻中隔湾曲症が見られる場合、好酸球性副鼻腔炎である場合には、手術治療をおすすめします。

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術【日帰り】

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術【日帰り】ばば耳鼻科クリニックでは、副鼻腔炎に対する日帰りでの手術を行っております。

副鼻腔炎手術(内視鏡下鼻・副鼻腔手術)

鼻の中から、内視鏡を用いて病的な粘膜やポリープの除去を行う手術です。
歯茎から切開して行う従来の手術と比べ、患者さんのご負担が大幅に軽減されます。

手術名 手術時間
(執刀のみ、準備時間除く)
手術可能年齢 術前検査 術後休学・休職期間
(術日1日目)
生活制限期間
(運動・飲酒)
(術日1日目)
術後診察間隔
(術日起算、順調な場合)
副鼻腔炎手術
内視鏡下鼻・副鼻腔手術
30分〜2時間半 16歳〜 採血、心電図、
持病コントロール、鼻腔通気度
3日間推奨 1週間推奨 翌日、1週間後、3週間後、
2ヶ月後、3ヶ月後、
以降症例毎

※横スクロールで全体を表示

当院で行う手術の特徴

当院で行う手術の特徴
当院で行う手術の特徴
最新の手術支援設備を完備

高解像度の画像を大きなモニターに映し出す「4K内視鏡カメラ・モニター」により、安全性の高いアプローチができます。医師の視認性の向上が、触る・触らないの正確な判断、精緻な処置を可能にします。
また、病的な粘膜を吸引しながら削り取る「マイクロデブリッター」も導入し、手術時間の短縮・患者さんの負担軽減に努めています。鉗子などの基本的な器具と組み合わせて使用することで、より高い効果を発揮します。

局所麻酔で手術を行います

ウトウトと半分眠ったような状態をつくる点滴をしながら、手術部位に麻酔薬を打ち、恐怖感・痛みを抑えた手術を行います。
麻酔は、麻酔液の濃度・量、注射する部位、タイミングなど、さまざまな要素に正しく対応できてこそ、適切な効果を発揮します。豊富な手術経験を持つ院長が執刀しますので、どうぞご安心ください。

チャイムを持っていただきます

手術中は、患者さんにチャイムを持っていただきます。痛みを感じたときに押していただければ、手術の手を止め麻酔を追加するなどの対処を行います。

副鼻腔炎の手術費用

副鼻腔炎の手術費用は、以下の通りです。
ご不明の点がございましたら、お気軽にお問合せください。

手術名 3割 1割
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅱ型
(副鼻腔単洞手術)
片側 36,000円 12,000円
両側 72,000円 24,000円
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型
(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
片側 74,730円 24,910円
両側 149,460円 49,820円
内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型
(汎副鼻腔手術)
片側 96,240円 32,080円
両側 192,480円 64,160円
  • 手術費用のみの負担額です。上記に手術費用に、再診料・薬剤費などが加算されます。
  • キャッシュレス決済可能
    クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・DIN)でのお支払いが可能です。

キャッシュレス決済可能

一番上に戻る
クリニックにお電話 072-803-8103 24時間WEB予約24時間WEB予約 手術相談フォーム手術相談フォーム