symptom
耳の病気

好酸球性中耳炎

多くは、好酸球性副鼻腔炎や成人発症の気管支喘息に合併して発症します。

好酸球性中耳炎の症状

中耳腔(鼓膜の奥)に粘稠な液が貯まり伝音難聴となります。内耳に障害が及ぶことで感音難聴やめまい耳鳴りを起こすこともあります。感染が起きることにより耳漏が出現することもあります。

好酸球性中耳炎の治療

中耳腔にステロイドを注入や、ステロイド内服を行います。
長期的には反復することも多く、感音難聴出現の可能性を減らすため鼓膜チューブ留置を行うこともあります。また好酸球性副鼻腔炎や気管支喘息をコントロールすることで耳症状悪化も抑えやすくなります。