symptom
耳の病気

耳管開放症

耳管は中耳腔(鼓膜の奥)と鼻(の奥)を繋ぐ管で、適正な中耳圧を保つ働きがあります。嚥下したりあくびをした際に一瞬だけ耳管が開きます。常に閉じている耳管が開き続けた状態が耳管開放症です。痩せ体型の方や、大病などで急激に体重が落ちた方に発症しやすいです。

耳管開放症の症例

開いた耳管を通して呼吸音や自分の声が大きく聞こえます(自声強調)。自分の声が大きく響くため会話が辛くなることもあります。前かがみになる、横になるとその間だけすぐに症状が消えるのも特徴です。鼻すすりで耳管を強制的に閉鎖させ症状を消失させるようにしている方が多くおられます。しかし、これは中耳陰圧を作り鼓膜も強制的に陥没させますので、滲出性中耳炎、癒着性中耳炎、真珠腫性中耳炎の発症要因となります。

耳管開放症の治療

まず鼻すすり癖を控えるよう、当院ではご自身の鼓膜の動きを見ながら病状を理解して頂きます。病状に合わせ、生理食塩水の点鼻や生活指導などで治療します。