symptom
耳の病気

老人性難聴

加齢と共に内耳から脳に至る聞こえに関する細胞の機能低下により難聴が生じます。高音部の低下から始まり左右差が少ない、音は聞こえるが内容が判りにくい(語音明瞭度の低下)、騒音下で目的の声が聞き取りにくい、といった特徴があります。現在の医療では治療は困難で、適度な運動などで進行を遅らせるようにします。また相手の方にゆっくり大きい声で話して頂く、などの対処も必要です。