symptom
鼻の病気

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻の中の副鼻腔に、正常では換気排泄する通り道が開いていますが、炎症などにより排泄路が閉鎖され膿が溜まった状態です。風邪などの後に引き続き起き、短期間で治るものは急性副鼻腔炎、症状が3ヶ月以上続く場合を慢性副鼻腔炎と分類しています。原因不明の好酸球性副鼻腔炎もあります。

原因はウイルス感染(風邪など)、アレルギー(花粉症など)、カビ、構造不良(鼻中隔彎曲症など)、虫歯、などです。副鼻腔は正常では換気排泄する通り道が開いていますが、炎症などにより排泄路が閉鎖され膿が溜まっている状態です。

症状

  •  黄色の鼻水
  • 黄色い痰(後鼻漏)
  • 鼻づまり(鼻閉)
  •  頭が重い(頭重感)
  •  眼の間や頬に違和感・痛い、歯が痛い
  •  においが弱い(嗅覚障害)
  • 変なにおいがする
  •  鼻茸(鼻ポリープ)があると言われた

これらの症状が繰り返したり続く場合、慢性副鼻腔炎の可能性があります。 また、鼻機能の慢性的な障害や、鼻づまりに伴う口呼吸は、日常生活・睡眠の質を低下させてしまいます。

鼻呼吸の重要性

鼻閉(鼻づまり)による口呼吸、特に隠れ鼻づまりによるパフォーマンス低下についてまたお子さんの場合は急性中耳炎や滲出性中耳炎を合併しやすくなります。

検査

CT検査、レントゲン検査、内視鏡検査、血液検査
これらを組み合わせて診断しています。

治療

保存的治療(投薬、吸引、鼻洗浄)
少量のマクロライド系抗生物質を数ヶ月間、継続内服することにより軽快する場合も多く、過去に治療歴がない場合に勧めています。殺菌目的ではなく、粘膜の繊毛機能を高め自浄作用による治療効果を期待しています。同時に鼻洗浄(鼻うがい)と頻繁な鼻かみを勧めています。


手術治療(内視鏡下副鼻腔手術ESS)
下記の場合は手術加療をお勧めいたします。
・保存的治療に抵抗する
・軽快しても1.2年以内に反復する
・鼻茸(鼻ポリープ)がある:消失することは少なく、再悪化の温床になります。
・高度の鼻中隔彎曲症:副鼻腔の換気能が低く、悪化しやすい。
好酸球性副鼻腔炎

内視鏡下副鼻腔手術ESSについて
当院で行う手術は全例、局所麻酔の日帰り手術です。
最新の手術支援機器(4K内視鏡カメラ・モニター、マイクロデブリッター)を用いてより肉体的・精神的な負担の少ない手術治療を目指しています。


・4K内視鏡カメラ・モニター:高解像度の映像を大画面に映すことにより、病変や危険部位などがよりはっきりと見え、触る・触らないの判断や精緻な処置がより正確で早くできるようになっています。
・マイクロデブリッター:病的な部分を吸引しながら削り取る装置です。内視鏡の視野も保たれやすく、手術時間の短縮に繋がります。鉗子など従来の器具と組み合わせてより効果を発揮してくれます。


手術内容
内視鏡で行う副鼻腔手術は、鼻の穴から長いカメラとその他の器具を挿入し画面で拡大視して行います。副鼻腔の換気排泄路を拡大(開放)し機能を回復させます。4種類ある副鼻腔をいくつ、どのように拡大するかによって5つの手術タイプに分類されます。病状により選択されます。


・副鼻腔手術Ⅰ型
・鼻茸(鼻ポリープ)を切除
・副鼻腔手術Ⅱ型(副鼻腔単洞手術)
・副鼻腔の1つを開放
・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
・副鼻腔の2つ以上を開放
・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術)
・副鼻腔の全てを開放
・副鼻腔手術Ⅴ型


左右の前頭洞を1つの空間にし大きい排泄路を作る。前頭洞は額の裏の副鼻腔です。
脳外科のある施設など基準が決められており、当院では行えません。協力病院へご紹介致します。

麻酔法
局所麻酔
当院ではウトウト眠たくなる点滴をしながら、手術する部位に麻酔薬を打ち痛み抑えた下で手術を行っています。
麻酔液の濃さや量、打つ場所、タイミング等、全て重要な要素です。手術患者さんは手にチャイムを持って頂き、痛いなど何か訴えたい際に押して頂くことで手術の手を止め傾聴し対処します。チャイム回数は痛みの見える化であり、日々改良しながら手術に臨んでいます。
日帰り手術について詳しく見る