symptom
鼻の病気

好酸球性副鼻腔炎

両鼻の中に多くの鼻茸ができ、手術してもすぐに再発してしまうことが多い原因不明の慢性副鼻腔炎です。ステロイド内服で改善する特徴がありますが、風邪などをきっかけにして鼻茸が増大し再び悪くなることが多くみられます。
血液検査では白血球成分の好酸球が異常に増加しています。成人発症の喘息の方、アスピリンなどの鎮痛剤で喘息症状やショック症状が出現したことのある方(アスピリン不耐症)に多く発症します。

症状

匂いが鈍い(嗅覚障害)、鼻づまり、粘稠な鼻汁です。

嗅覚障害は、初発の症状として出現することも多く、鼻茸が増大したり粘稠な鼻汁が匂いの通り道(嗅裂)を塞ぐことによって起きます。進行すると嗅覚細胞も障害を受けるといわれています。また喘息症状や、難聴やみみだれ(耳漏)が出ることもあります。耳症状は、好酸球性中耳炎の可能性があります。口呼吸に伴う症状もでます。(鼻呼吸の重要性の詳細はこちら

診断

初期の段階では、黄色の鼻水(膿性鼻汁)であれば通常の慢性副鼻腔炎(ウイルスや細菌感染を原因とする)と見分けがつかないこともあるため、抗生物質などで治療を開始することもあります。しかし、初診時に疑わしい場合はステロイド内服を試し、改善した際には好酸球性副鼻腔炎を濃厚に疑います。

疑わしい場合とは、

・嗅覚障害から症状が悪化する。

・症状悪化のきっかけは風邪や体調不良。

・黄色いゼリー状の鼻水塊が出る(粘稠な鼻汁=にかわ状)

・大人になってから喘息が出現した。

・鎮痛剤で喘息や呼吸苦がでたことがある。

・他院で鼻茸を指摘された。

・抗生剤等の治療に反応しない。

・過去に副鼻腔炎手術したが再発している。

確定診断は、

・副鼻腔CT検査、採血検査、視診やファイバー検査、鼻茸の組織検査です。(JESRECスコア:参照:https://www.nanbyou.or.jp/entry/4538

治療

鼻茸が小さい・少数の場合ステロイド治療で経過をみていきます。しかし長期の場合、ステロイド副作用の有無をチェックしながら症状と投与量のバランスを取ります。鼻茸が大きくなりステロイドの効果が持続しない、喘息症状が頻繁に悪化する等の場合は、手術治療が勧められます(内視鏡下副鼻腔手術ESS:参照)。

手術治療により煩わしい症状は改善することがほとんどです。しかし、再発することもあり、手術以降の薬物治療、規則正しい生活、鼻洗などが重要となります。

難病指定

厚生労働省より難病指定されており、医療費助成を受けることができます(年収により自己負担額は変わります)。

難病指定医による確定診断が得られた際には、指定の診断書など必要書類を保健所にて提出申請することにより受給者証が交付されます。

当院医師は難病指定医ですので何なりとご相談ください。
参考:http://www.pref.osaka.lg.jp/kenkozukuri/atarasiiiryouhizyose/